HOME 2018-09-25T11:43:23+00:00

第67回秋季県展 10月20日開幕 ぜひご来場を

 愛媛県美術会会長 秋山一夫

美術の秋を彩る平成30年度県民総合文化祭・第67回秋季県展は、10月20日(土)~11月9日(金)まで愛媛県美術館 南館にて開催されます。

開展に向けて準備は順調に進んでいます。作品の受付は10月3日(水)~5日(金)の3日間行われますので、昨年を上回る多くの方の出品を期待しています。

秋季県展は審査が行われ、8部門合計約1,200点が入選し、その内145点の受賞作品が選ばれます。それに会員・準会員の作品を加えて、総数約1800点が展示される予定です。

前期展は10月20日~28日まで開催され、洋画・版画・写真・デザインの4部門の作品を展示。後期展は、11月1日~9日まで、日本画・彫刻・工芸・書道の作品が展示されます。初日の20日には、午前10時から開展式が催されます。また、21日(日)、4日(日)の両日、午前10時からギャラリートークが行われますので多数ご参加ください。

昨今、美術会を取り巻く情勢は厳しさを増し、超高齢化社会の到来というかつて経験したことのない時代を迎えるに当たり、県展も新しい時代に適合したものへと変革していかなければならないと思っています。

今回の県展はその第一歩と考え、関係者一同、知恵を絞って取り組んでいます。
県展ファンのみなさんには、ぜひ会場に足を運んでいただき、県展の新しい息吹きを感じていただければ幸甚に存じます。

今後とも、みなさんの力強いご支援、ご指導を心よりお願い申し上げます。