第65回春季県展
ギャラリートークスケジュール

県展史上初 第65回春季県展は会員・準会員展

 愛媛県美術会会長 秋山一夫

昨年は、昭和27年に愛媛県美術会が誕生し、第1回県展が開催されてから65周年という記念すべき年でした。平成の大改革ともいえる財政健全化施策並びに組織改革を実行に移し、第65回記念秋季県展を盛会裡に終了して、美術会の歴史に新しいレガシーを刻むことができました。

私は、今年を「チャレンジの年」と位置づけ、会員・準会員とともに手を携え、美術愛好者のみなさんのご支援をいただきながら、目標に向かって邁進したいと思っています。
その試金石となるのが第65回春季県展です。愛媛県美術館南館が耐震化工事により使用できないため、新館2階の全展示室を使って、県展史上初となる会員・準会員展を開催することになりました。さらに今回は、「ふるさと愛媛 人・もの・風景」というテーマを設け、8部門の会員・準会員が、それぞれの部門の特長を生かし、個性あふれる作品を発表することになっています。

一般の出品者を加えたアンデパンダン展が開催できないのはまことに残念ですが、ピンチをチャンスに変えて、例年とはひと味違うレベルの高い展覧会となるよう鋭意準備を進めているところです。
会期は5月23日(火)~31日(水)まで、1期制にて開催します。美術愛好者のみなさん、楽しみにお待ちください。そして、ぜひとも会場にお運びくださいますようお願いいたします。

県展に関するお知らせ

会員情報

秋季県展2017

第64回秋季県展受賞作品

第63回秋季県展受賞作品